首のイボを治すには|首元も美人になろう!

ボトックスの特徴と効果

女の人

ボツリヌス菌の注射

ボツリヌス菌を有効成分とする注射がボトックス注射です。ボトックス注射は筋弛緩作用がある注射のひとつです。筋肉の動きを弱めることで、表情筋が作用することで出来る皺をなくすことが出来ます。ボトックス注射はもともと眼科で斜視や顔面麻痺の薬物療法に用いられていました。それが皺にも効果があるということが分かり、10年ほど前から美容医療業界でも使われ出しました。ボトックス注射は皺だけではなく、咬筋を収縮して小顔にする小顔ボトックス、アセチルコリンを抑制する多汗症の治療などにも使われています。注射をしてから1週間くらいで効果が出始め、約2ヵ月でピークになります。そして6か月ほどかけて徐々に元に戻っていきます。

効果がある皺

ボトックス注射と同じように皺をなくす注射にヒアルロン酸注射があります。ボトックス注射とヒアルロン酸注射では、効果がある皺の種類が違います。ボトックス注射の場合、筋肉が作用する皺だけに効果があります。目の近くにできる小じわ、眉間や額の深い皺、顎の梅干しジワなどです。ヒアルロン酸注射の場合、老化が原因で皮膚に刻まれた皺やたるみの解消に有効です。代表的なのがほうれい線です。ほうれい線は、皮膚内部のコラーゲンやヒアルロン酸などが老化で減少することが原因で出来るたるみです。このように表情を作らなくても常に皮膚に刻まれている皺を消せるのがヒアルロン酸注射です。皺の種類にあわせて注射を使い分けるのがベストです。